FC2ブログ
Kinocoっす。てっへえええええ
Kinocoのwow日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
(^~^)
PvPでヒーラーが視界狭くなるてのを考えてみました。

というか昔の自分のことを思い出したんで書いときます^^^;;

視界狭くなるてのはもしかしてGridまたはHPバー見すぎが原因になってるのかな。

自分の経験ではこれをすごい感じたことがありました。

もともとAddon全く無い状態でヒールし続けてきたので、

addon導入する前はどうやってヒールしてたかっていうと。

直タゲなんす。

いろいろ技があるんですがBGでよくやってたのがこれ↓

ていうか今もよくやってる↓

①まず敵をタゲって敵のクラスと状況(距離、Cast)確認

②その敵がターゲットしている味方をタゲ

③味方の状態確認

④ヒール開始(プリなので敵クラスと状況で何をどのタイミングでcastしていくか選択)

⑤ヒールcastしてる間に状況見て他の敵タゲ

⑥ヒールcast中でもGCD中でもいいんでこまめに画面360度回転さして周囲の状況見て位置取り。
この位置取りがすっげ鍵になってきます。

②に戻って繰り返す


だからRaidとか5insでのヒールてのが最初しんじられなかったんす。

ありえねえええええwwww

て思いました。

HPバーとかGrid見てヒールとかほんと当時の自分にはありえなかったんです。

BGでそんなことしてたら本当に危ない人助けられないんで。

んじゃあなんでGrid系入れたかていうと

戦闘終了後なのに自分でHP回復しようとしないで

「HEAL!」という人がかなりいたんで。。。w

いちいち言われるまえに周りにいる10人くらいにヒールするには

これ

Grid系入れるのが一番だったんす。

そのために先生にaddonつくってもらったこともあるしw

んでその便利さに気が付きました。

BGでこれだけ見てヒールしてれば一見すごいヒーラーにみえる。

ヒール量すごいしね。

ただ間違いなく殺しちゃいけない人殺してるし、いらないヒールしてる。

あとそれやって一番感じたのが

視界がとんでもなく狭くなってること。

ほんと危険だなこれと思ったんです。

そっからGridを見る回数を減らしました。

基本は画面上での状況なんす。

ただそこでまた思ったんです。

これ、

画面の状況見ながらGrid使いこなせるとすごいんじゃ。。。

そっからすごい練習したんす。

3日くらい苦労したおぼえあります。

画面8割、Grid2割

今はそんな割合で確認してるっす。





arenaで言うなら敵のwarに狙われてる人が一番危険なので、

warの動きは常に見てます。

やること多すぎでかなり難しいとこなんですが。




まあ視界狭いとおもったら、

一度addon全く使わないでBG行って下さい。

もしそれでヒールできね。。。と思ったら。。。

あ、





あなた






重症。。。!




他ッはああああああああああああああ^^^^




でも数回やればどんだけaddonなしが楽かてのがわかるかな^
スポンサーサイト
【2007/11/13 18:05】 | (^~^) | トラックバック(0) | コメント(2) |
<<(^~^) | ホーム | (>_<)>>
コメント
GridなしだとHPバーだしてやってたっす。
タゲとりだけむだにうまくなっちゃうぜ。。。

たぶnGridないとなんもできねwwww
重症wwwwwwww多分某Pri並wwwwwwwwwww

がんばるっす><><><><
【2007/11/13 22:15】 URL | #-[ 編集]
ぼくはもっと重症wwwwwwwwwww
【2007/11/13 23:00】 URL | ままき #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://iikunitukurou3.blog102.fc2.com/tb.php/89-9aaa1131
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

sexy kinoco

Author:sexy kinoco
てっへえ

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。